スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2007'03.30 (Fri)

夜桜

25b8d165.JPGたまたま通りかかったビルの前に桜が一本植えてあって
偶然にも夜桜見ることができました^^
きれー☆
スポンサーサイト
21:56  |  ★ぽんくじブログ旧館★の記事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2007'03.28 (Wed)

遅ればせながら、ドラマ「宮~クン~」のレビュー

宮 ~Love in Palace BOX 1 [日本語字幕入り]
宮 ?Love in Palace BOX 2[日本語字幕入り]


遅ればせながら、ドラマ「宮~クン~」のレビュー。
いやー、面白かったです。
久々に熱中した。
わたしの中では韓国3大ラブコメに数えいれることにしよう。
あと二つは、「わたしの名前はキム・サムスン」と「フルハウス」ね。

私の名前はキム・サムスン DVD-BOX 1
私の名前はキム・サムスン DVD-BOX 2
フルハウス(ディレクターズ・カット版) DVD-BOX I


さて、お話は以下の通り(アマゾンより抜粋)

Introduction
「もしも韓国にまだ王室が存在していたなら・・・?」という斬新な設定で大ヒットし、ミリオンセラーに達した韓国の少女マンガが原作。作品の世界観と完成度の高い衣装、約60億ウォン(約7.2億円)を超える豪華なセットデザインが「色彩溢れる」見事なドラマに結実した。韓国では2006年1月より3ヶ月に渡って放送され、マンガのコアファンたちの間で新人ばかりを起用したキャスティング論争が勃発し、放送前より多くの話題を集めた。皇太子シンを演じたのは、モデル出身で美貌と知性を兼ね備えたチュ・ジフン。プリンセス役にはK-POP界出身の元Baby V.O.Xのユン・ウネが抜擢され、同じくシンガーで元UNのJohn-Hoon(ジョンフン)も同作品で本格的に俳優活動に入った。
最高視聴率28.8%という高視聴率でラストを迎えた同作品は、現在世界10ヶ国で放送され、シーズン2も決定!韓国最高の話題を呼んだ王室ロマンスドラマが、いよいよ日本に上陸する!

Story
明るさと元気が取柄のごくフツーの女子高生チェギョンは、祖父と韓国先代皇帝の間で交わされた約束により、王室に嫁ぐハメに!育ちが違う夫の皇太子シンとは、性格も合わず甘い新婚生活とはほど遠い。しかし、厳格な宮廷で育ったシンの孤独な内面と不器用な優しさに気づき、いつしか理解し惹かれていくチェギョン。そんな中、慣れない宮廷生活やシンのかつての恋人の存在に悩むチェギョンを優しく支えるのは、シンの従兄弟であり王位継承第2位のユルだった。チェギョンのけなげさに心を開きつつあったシンにとって、ユルの接近はやがて王位を巡っての対立へと発展してしまう・・・。


ネタばれしたくないのであまり多くは書きたくないです。
少女マンガで育った方はぜひ見ていただきたい!!
はまります!

胸きゅん系のドラマ展開もさることながら、
韓国の伝統的な衣装だとか(架空の宮殿での)伝統的な生活、
それと対照的な韓国の高校生の現代的な生活、
(ブレザーの制服が日本の高校生と同じだ~。
あと韓国の教室の教壇とか机とかって日本とほとんど一緒なのよね。興味深いわ。)
見所はたくさんです。

ちなみに見た女性はきっとシン君ユル君どちらかのファンになると思うけど
わたしはユル君派です。
あのチェギョンを見る切ない眼がたまらんわ。
けど、徐々に納得できない行動をとり始めるので
もう一度見直したらシン君派に寝返るかもしれない予感。。。

このドラマの大きな魅力は、皇位争いをする男性二人もさることながら
ヒロインのチェギョン(パク・ウネちゃん)のはつらつとして、
天然ボケ系で、めげないキャラクターが好感度がとても高いのよね。
同じ女性として応援したくなるのよね。チェギョン。
ウネちゃんドラマ初出演と思えない愛嬌たっぷりの演技、
女性視聴者を同化させて見せてしまう演技はあっぱれです。
普通の女性ならきっとチェギョンと一緒に笑い、どきどきし、泣き、怒り、悩み。。。
ほんど同化してしまうわ。
そしてわたしの年代の日本の女性は宮廷になじめないチェギョンを見ていると
雅子様を思い出す人も多いと思う。。。
ちょっと胸が痛い。
脚本作った人はきっと日本の週刊誌とか皇室関係の本とか
資料として読んだんじゃないかと思うよ。

雅子様をこれをご覧になってはいないのかしら??
見てたらどう思うだろう。

フルハウスのヘギョちゃんもそうだけど、ウネちゃんもやせすぎてなくって
ちょっとぽっちゃりした感じがまたいいのよね。
その割りにウネちゃん足細い!スタイルいい~と思ったら、
歌って踊れる女性歌手グループの出身でした。

ラストはイマイチ冗長。
と思ったら、好評につき、20話を急遽24話にしたらしい。
だからラストが大雑把なのね^^;
韓ドラらしいというか。
(時々、好評なドラマが延長されたりします。
その場合たいていストーリーが間が持たなくなる)

母様は見た後、「続きがあるっぽいつくりなので続きがみたい」と申しておりました。
実は「宮1.5」という続編も始まったらしいけど、出演者が全部一新されていて
前作とはつながりはない(皇室があったらという設定は同じらしいけど)。
なので見る気が起きないよ~

わたしはケーブルの放送を録画した友人から借りたのだけど、地上波(夜中にやっていたらしい)とまた訳し方が違ったらしい。
DVDBOXはどうなのかな。
とても気になります。
あとカットシーンのあるなしも。
(多分ケーブルのはカットシーンなかったと思われるのだけど。。確信はなし)
やっぱりノーカットがいいからね。

ちなみにこのマンガチックなドラマはほんとに韓国の少女マンガが原作です。
日本でも出版されていて立ち読みしたけど、あまりみもドタバタラブコメでわたしはちょっとついていけなかった。

らぶきょん~LOVE in 景福宮 1


音楽もいいです。OSTもかなり聞いています。着信音にもしているの。
特にわたしは伝統楽器のタイトルロールが好きだわ。
あと、やっぱり「Perhaps Love(もしかして恋なのかな?) 」かな。
サラハンダヨ~と歌ってしまう。

宮~Love in Palace オリジナル・サウンドトラック(DVD付)


二度目視聴をしたいのだけど、今のばたばたが落ち着いたら。
だって24話もあるので^^;

最後に。このドラマであるように今の韓国には皇室はありません。
日本統治下の歴史の中で戦後皇室制度がなくなってしまったから。
皇室制度がなくなる背景に自分の母国日本がからんでいと思うと
胸が痛くなる。そこはやはり日本人としては心に留めて見ておきたいと思います。
23:27  |  ★ぽんくじブログ旧館★の記事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2007'03.27 (Tue)

春が来る。

今日は夜、会社から戻るときに薄手のコートさえもはおらず
手に持ったままで帰宅しました。

というか混み混みJRの中で着てると暑いし。

かなりあったかくなってきたね。
海でも凍えずにすむようになってきたし。

春が来ているのを実感^^
23:04  |  ★ぽんくじブログ旧館★の記事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2007'03.26 (Mon)

アルフレッド・ウォリス展~コーンウォールの素朴な船乗りの絵

東京都庭園美術館でアルフレッド・ウォリス展が開かれています。
31日(土)までです。
日本で公開されるのは今回が最初じゃないかな??
週末はウインドに行くだろうし、平日は不可能だから
見に行くの無理かな。。(;;))

わたしはウォリスの絵はイギリス コーンウォール州のセント・アイブスという
画家の街でもある小さな港町にあるテートギャラリー別館で見ました。
ちょうど、「コーンウォールのフットパスを踏破するぞぅ!」
とジャージに登山靴で一人でがしがしレラント半島を一周する起点の町に
セント・アイブスを選んだときでした。
歩き始める前に見つけたテートギャラリー別館をふらふらのぞいてみたの。
そしたらウォリスの絵に逢いました。
すごーい素朴でいい感じなのです!

The Blue Ship
The Blue Ship-Alfred Wallis


Boats under Saltash Bridge
Boats under Saltash Bridge-Alfred Wallis


The Hold House Port Mear Square Island Port Mear Beach
The Hold House Port Mear Square Island Port Mear Beach


Headland with two three-masters
Headland with two three-masters



以下、東京都庭園美術館の解説から抜粋。


アルフレッド・ウォリス(1855-1942)は、イギリス、コーンウォールの港町、セント・アイブスで船具商を営み、70歳になってから独学で絵を描き始めた異色の画家です。その『発見』のきっかけは、1928年、セント・アイヴスを訪れた二人の画家、ベン・ニコルソンとクリストファー・ウッドが偶然ウォリスの家の前を通りかかり、壁にかかった彼の絵を眼にしたことによります。その作品は、船乗り、船具商としての半生を反映するように、荒海を航行する帆船や蒸気船、灯台、セント・アイヴスの港や街の情景などを、ボール紙の切れ端や板に船舶用のペンキで描いたもので、現代の美術が失った素朴な味わいに満ちています。

ロマンティックな情感にあふれた船の浮かぶ海景や、愛らしい動物や鳥、小さな家が描きこまれたセント・アイヴスの風景は、多くの人の心を捉えるに違いありません。


わたしが現地で読んだ解説で心に残っているのは、
70過ぎて彼が絵筆をとった理由が、
「奥さんが亡くなってさびしさを紛らわすために。。。」と書かれていたことでした。
そういう彼の心象背景も心に留めながら見るといっそう素朴な感じがします。
名声とか、そういうものを求めて描いた絵ではないからねー^^
単純に「海と一緒に生きてきた船乗りさんが海と船を描いた」、というだけでも
海が好きなわたしは見ていてうれしかったりします☆

23:35  |  ★ぽんくじブログ旧館★の記事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2007'03.25 (Sun)

強風吹き荒れ、乗れず。

早朝勝負という話だったので、朝早くから行くつもりだったのだけど
やはり起きるとぐったりして身体が動かず。
なんとかして睡眠時間を増やさなければいけないなあと思う。
(けど、今の状況でどうやって??)

けど早朝吹きすぎという情報が入る。
4.0オーバーだとか。
ということで気を軽くしてゆっくり出動。
けど行く途中でグループレッスンが中止かもしれないという情報が入る。
げーん(@@))ざんねん。

浜に着いたら、強風もさることながら
とにかくビーチブレイクが大きくって
すでにエキスパートなメンバーが3人もマストブレイクしたらしい。
そんな中で131Lなんてでかいボードで出れないわね。。
結局、ショップから出艇してはダメだと言われてあきらめる。

帰りにもーちゃんちによって久々に話をして帰る。
ウインドやらずに往復4時間以上はきついなぁー
22:25  |  ★ぽんくじブログ旧館★の記事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2007'03.24 (Sat)

3時ごろから吹き始める。藻に注意!(今年9回目のウインド)

今日は吹く予報だったので、張り切って朝5時に起きて
7時出発、9時到着のつもりだった。

が、

朝起きたら、身体が異常にだるい。。つらい~(;;))

昨日は仕事も早くあがって、仕事の後の用事も軽いもの一件だけにして
先週に比べたら金曜日の夜は段違いに身体は楽だったのに。
なんだか平日、気づかないうちにためているストレスが一気にきました!って感じだな~

出動したくても身動きできないくらいぐったりしていたので
結局、10時半すぎに家を出る。
ほんとは今日はグループレッスンを入れる予定だったのだけどキャンセル。
くすん(;;))
楽しみにしていたのに。
行きがけの電車の中もほとんどぐっすり寝ていた。
子守唄はやはりキム・サムスンOSTである。

私の名前はキム・サムスン オリジナル・サウンドトラック(DVD付)


1時前に着いたのだけど風が北から南にふれたところで
まだあまりあがっていなかったので6.5を張る。
セールナンバーを作ってきたので、KKさんにお願いして張ってもらう。
自分で張ったらまたはがれそうで^^;
ありがとうございます!

けど、出る頃にかなり空が曇ってきて吹いてきた。
で、6.5で出たらだめだと言われて5.5を張りなおし。
5.5もセールナンバー、今度はらないとねー。
張りなおして出た3時前にはかなり吹いていました。

ちょうど出る前にもーちゃんが浜近くに顔を出してくれました。
サイパン以来?ひさびさー^^

南なので結構津久井にしては波も出ている。
わたしのボードは131Lあるので波に叩かれて暴れて怖いので
スピードが出せない。
これじゃ練習にならないよぅ~、と思うも、
わたしはボードは一本しか持っていないので
とにかくこれで乗るしかない。

けれど、強風の時でも乗り続けるくらいには上達したのね。
タックできないけど(;;))

津久井は藻がすごいです。
スピード出していたら、ひっかかると飛ばされてしまう。
結構危険かもです。
藻が見えると、スピード殺して、飛ばされないようにゆっくりいきました。
ほんとはどう対処すればいいのかな。。
フィンがわたしのは長くてまっすぐなので、
資金があれば、うまいひとたちが使っている斜めのフィン買うのだけど。
(そしたらきっとひっかかりにくい)

吹いていたけどすごくガスティ。むちゃむちゃ短いブローもありました。
海面見てブローじゃなく見えたところでなぜ吹いていたのだろう。。
これもよくわからない。
明日、誰かに質問してみよう。

途中、ジョイントベースがゆるくなって一番前に移動してしまった。
抜けないか、こわごわとにかく岸まで戻り、修正しました。
次は、フィジーさんのアドバイスで長くしたハーネスラインがゆるくなって気がついたらむちゃむちゃ危険な状態に。
このときもこわごわ岸に戻って修正。

道具がちゃんとした状態で載ることは大事ですね。
スピード出てるときに何かアクシデントがあったらほんと怖いもの。

5時くらいには風は落ちていました。
今日はきんきんさんところのショップの人たちをたくさん見かけた。
南強風で波が出るから津久井で乗っていたのかな。
きんきんさんのところのメンバーさんは
好みのコンディションのところに移動して乗る人が多いみたいで
海上であまり見かけない日(きっと別の場所で乗ってる)と
今日みたいによく見かける日とがある。
しかもフリスタ系の方たちだから岸近くでセールくるくるするので目立つです。

帰りに明日のグループレッスンの予約をしにいったら、
以前から浜で見かけると「美人さんだわ☆」と思っていた方から
いきなり「反町好きじゃないの?」と声をかけられてびっくり。
ネット上で反町話をしていた(彼女はファンでわたしはファンではない。というか、わたしは日本の俳優さんを見かける機会が最近ない^^;)彼女だった。
ネット上の彼女があの美人さんだったとは!
けど、どうして彼女はわたしがネット上のぽんぽんくじらだとわかったのかなー?
こっちは全然知らなかったのに。

7時に津久井駅に着いたので9時過ぎに帰宅。
行き帰りに英語を集中して聞くつもりだったけど、
結局楽な音楽に流れてしまった。
けどキム・サムスンのOSTを4回くらいリピートして聞いてしまったよ。
他のCDもD-snapに入れないとね。
大好きだけど、いいかげんちょっと飽きてきたである。

明日こそ朝早くから出動したい。
早く寝よう。
22:52  |  ★ぽんくじブログ旧館★の記事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2007'03.22 (Thu)

ドラマ「ハケンの品格」見てました。(大いにネタばれあり)

先週まで「ハケンの品格」毎週見ていました。
日本のドラマを見るなんて本当に久しぶり。
韓国にはまって以来、日本のドラマはほとんど全く見なくなっていたから。

絶対ありえないドラマだし、
下手すると、こういうドラマをやられると困る、という方もいると思いますが
あまりに荒唐無稽なので(特に実際に企業に勤めているものにとっては)
逆にフィクションとして楽しめました。

篠原涼子の壊れた演技っぷりもよかったです。
それが一番だったかも。

けど、ストーリーとしては、最後は、森ちゃんは正社員を目指して紹介予定派遣の仕事を探してゲットするし
篠原演じる大前春子はくるくるさんのところで働く、つまり直接雇用のアルバイトになるし
話の中心の二人ともが「ハケン」じゃなくなったんですけど。。
じゃあ、このドラマのメッセージってなんだったの?というのは今ひとつピンときませんが
最後の最後まで荒唐無稽で貫き通したので、まあ、大笑いして終わらせてくれました。

「フラガール」の蒼井優ちゃんがフラをすばらしく踊ったのに比べて
篠原はフラメンコのシーン、シルエットだけで
どう見ても別人が踊っているのが気になりましたが。。。
やはりそこは映画とドラマの力の入れようの違い??

韓国ドラマはその役の職業とか特技とかあればそれを数ヶ月特訓してから演技に望むことが多いし
(例えばボクサーの役ならボクシングを数ヶ月特訓するとか、
チェロを演奏するシーンがあればチェロを数ヶ月特訓するとか)、
そういう根性ある役者さんたちをこの2年ほどずっとみてきたので
替え玉がシルエットで踊っているというのは非常にひっかかってしまいます。
細かいところですが。。。

フラガール メモリアルBOX


替え玉ではない本人たちがちゃんと踊っている「フラガール」、DVD発売されました。
蒼井優ちゃんだけじゃなく、先生役の松雪泰子はもちろん、
南海キャンディーズのスズちゃんまでちゃんと踊っています。
みなさん、かなり練習したんだと思われます。
見てない方はぜひレンタルしてください☆
最後は画面に向かって拍手したくなります!!

ああああ、わたしも早くフラに復帰したい。
02:03  |  ★ぽんくじブログ旧館★の記事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2007'03.21 (Wed)

今日は用事を片付ける日にしました。

祭日で会社お休みだし海に行きたかったけど
ずっとほっておいた役所に提出する書類をまとめなければならず
海はお休みとなりました。

海、行きたかったけど。しかたないや。
フィジー夫妻とか432さんはやっぱり行っているのかな。。

その代わり、土曜日入るはずだった用事をとりやめて、
土日両日海に出れるように変更。

書類の取りまとめが終わったあと
本であふれかえっていた本棚を整理して
かなりの本をブックオフ行きによりわけました☆
すっきりすっきり^^

掃除の間、久々にいろんなサントラやK-POPを聞き流しました。
やっぱり韓国語って気持ちよい。。。
最近、激務で平日まったく韓国語耳にする時間がないのよ。

で、3ヶ月前に買って手をつけてなかった
携帯音楽プレーヤーへの音楽の取り込みに
やっと手をつける^^;
わたしはSDカードで音楽用と語学用を作りわけて持ち歩きたかったので
i-podではなくPanasonicのプレーヤー、D-snapにしました。
まず潰しておきたいためてしまっている英語のCDの取り込み。
それが終わったら、音楽用のSDにキム・サムスン入れよう。

キム・サムスン、今も聞いているけど、もう何十回も聴いていて、
何十回も励まされてるサントラです。

これでMDが浸水して壊れて以来、
通勤途中にやっと音楽聴けるようになるよー☆

私の名前はキム・サムスン オリジナル・サウンドトラック(DVD付)


もう遅いので音楽は今日は一枚だけしか入れれないなー
01:21  |  ★ぽんくじブログ旧館★の記事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2007'03.18 (Sun)

風が落ちてから到着。けどそこそこ乗れました。(今年8回目のウインド)

突っ走っている仕事でへろへろ(@@)で、
今日は平日の睡眠不足を取り戻すべく
12時間以上眠って心身を休ませたので
早朝から行くことができなかった。
吹いてると知っていたから残念だったけど
身体が第一。
ということで12時半ごろ到着。

きんきんさんのショップに寄って、
お気に入りのイソギンチャクくんを撮る。
こんな感じでゆらゆら。
むちゃむちゃかわいい!!!
ムービーでお見せできないのが残念。

イソギンチャク


先週紹介したきんさんのショップのカウンターはこんな感じ。
L字型なの。

カウンター


水槽にはお魚がいろいろ!

水槽


きんきんさんに「早く行かないと風が落ちちゃうよ~」と言われて
艇庫に向かう。
やはり早朝はかなり吹いていたらしい。
すでに落ちていたが、
それでもまだまだ吹いているので、5.5で出るようにアドバイスをもらう。
けどセールを張る前に落ちてしまい、結局6.5で出艇。

滑走はするもののなかなか前足しか入らない。
ラフしてしまうから。
ハーネス片方が緩んで長くなってしまっているけど
長いほうがよりよい姿勢が楽に取れている気がする。
短くするように以前仲間にアドバイスを受けていたので
なんだか混乱してしまう。

周りがプレーニングしているのに自分ができていないときが多々あり。
うーん、なぜだろ。。
やっぱり姿勢かな。
とにかく後ろ足を入れて姿勢を固めたいんだけど。

帰りはフィジーさん、フィーちゃん、432さんと一緒にリンガーハットで反省会。

フィジーさんに
風上に上るには
・セールをちょっと開いて
・後ろ足をちょっと押す
と習う。一人一人に質問してからそれぞれの理屈に合っているところをとりあげて、それに絡めて解説してくれるのでとても納得感があった。
フィジーさん、先生に向いてるー^^

あと、プレーニングフォームについてアドバイスをもらった。
・おしりの穴を閉めるように意識する(おしりを落とさない)
・両足を伸ばす
ことによって
・身体とハーネスががっちりと一体化し、よりハーネスで引けるようになる。
また
・よい姿勢をとるためハーネスラインは今までのポン九時の長さより長めに調整すること
(ぽんくじだとひじから手のひらの上の位置、くらいな感じ。やっぱりハーネスは長いほうがよい姿勢が取れたという肌感覚は当たっていた!)

上れるプレーニング、よりよいプレーニングフォーム、今度、実践しよう!

しかしながらフィジーさんが今年のレースをきれいに表にまとめてきていたのには驚いた。
すごいー、気合入ってる~^^
そして、朝練は自分たちでちゃんとマークを打ってやっているらしい。
けど今朝はなんとえんとつのところ(火力発電所??)の付近の海まで行って練習していたそうだ。
そんなに遠いところに行くこと自体にびっくり。
そんな遠い場所まで行ったことまだありません。。
朝練仲間に加えていただくにはまだまだ、ぽんくじ、練習が必要である。

とても楽しく有意義なウインド談議でしたー^^
8時半に解散。

夜は電車の便が悪くなるので
(のぼりの京急がとても少なくなる。止まる駅が多くなる)
家に着いたのは11時でした。
2時間半以上かかった。
ああ、津久井の近くに住みたい。




00:37  |  ★ぽんくじブログ旧館★の記事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2007'03.17 (Sat)

甘いもの補給。

d256bee1.JPGあまりにも疲れきってへろへろ(@@))だったので
仕事のミーティングの合間に
ファミレスで甘いもの補給。

イチゴのミルフィーユガレット。
写真は半分食したあと。
00:14  |  ★ぽんくじブログ旧館★の記事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。